発泡スチロールの立体造形・立体看板の企画施工・看板の企画施工までお任せ下さい。
サン美装
造形部お問い合わせ
Homeスチロール造形発泡化粧梁>取付方法について

取付方法について

  ◆ 取り付け前の準備
  (1)取り付け位置、また発泡化粧梁の接着面の汚れ、ほこりなどはあらかじめ取り除いてください。
  (2)接着する前に発泡化粧梁を取り付けの位置にあてがい、寸法を確認します。
長すぎる場合はカットしてください。

 
  @ 発泡化粧梁に接着剤を塗ります。接着面に両面テープが貼ってありますので、
  貼っていない部分に接着剤『MPX-1』を図のように塗ってください。

天付梁の付け方2

(補足) 冬場や寒冷地など、気温が低い場合、両面テープの粘着力が弱くなることがあります。
      その際は、両面テープをドライヤーなどで軽く暖めてください。
      但し、暖めすぎると発泡化粧梁が変形する恐れがありますのでご注意ください。
 
  A テープの裏紙を剥がし、取り付け位置に強く押し付けて圧着してください。

天付梁の付け方2

  発泡化粧梁同士をジョイントする場合は、図のように先に一本目を接着し、
  その後先に貼った梁がしっかり着いた事を確認してから、同様に二本目を接着してください。

天付梁の付け方2
   
  B 接着剤がはみ出た場合は、布などで拭き取ってください。
  塗装がはがれたり、傷が目立つ所には付属のタッチアップ用塗料で補修してください。
 
  ●接着剤について
 
名  称 種  類
MPX−1(カートリッジ) 変成シリコーン樹脂系接着剤
※使用量は、発泡化粧梁1本(3〜4m)に対してMPX1本を目安にしてください。
※容器に書かれている説明をよく読んでから使用してください。
※別途コーキングガンが必要です。
   
  ■注意事項■
 

警告
●火気の近くや高温(70℃以上)になる場所での使用はしないでください。
 商品の変形や火災の原因になります。

注意
●施工場所の整理整頓、適切な安全確保を行ってください。
 高所での転落、工具、部品の落下や転倒の防止、暗所作業時の照度の確保など行ってください。
●必ず取り付け手順書に従って正しく施工してください。
●ご発注の際は、必ず取り付け場所の正確な採寸をしてからご注文ください。
 取り付け前に、発泡化粧梁が取り付け場所に収まるか、確認してください。
●開梱時、部材がすべて揃っているか、ご確認ください。
●施工時は、商品にキズがつかないように十分注意してください。
●発泡化粧梁は乱暴に扱うと破損する恐れがありますので、取り扱いには十分ご注意ください。
 特に硬いものにぶつけたり、尖ったもので刺したりしないようにしてください。
●発泡化粧梁に汚れなどがついた場合には、やわらかい布などで軽くふき取ってください。
 シンナーなどは使用しないでください。

   
  >>発泡化粧梁のTOPに戻る


スチロール造形
製作・施工例
内外装飾@
内外装飾A
内外装飾B
オブジェ@
オブジェA
オブジェB
オブジェC
オブジェD
看板
TV出演情報
2005~2008年
2005~2008年
新聞・雑誌掲載情報
オリジナル作品
わさび田
ガーデニングチェア
軽量装飾梁
ご当地グルメ看板
スチロール造形について
価格について 造形のQ&A